アテロコラーゲン(あてろこらーげん) | 歯の基礎知識 | 歯のねっと

用語集

用語詳細

  1. アテロコラーゲン(あてろこらーげん)

    医療用コラーゲンに使用している安全性の高いウシ真皮を使用しており、人の皮膚とほぼ同じ形状性質を持っています。そのため人の体温でも変化せずに、通常のコラーゲンよりもお肌になじみやすい性質を持っています。抜歯スペースに充填して、止血、疼痛緩和など傷口を保護、肉芽形成を促す材料として用いられます。

RSSリーダーに登録する