あなたに合った「かかりつけ歯科医」を探そう。

歯の用語集

『は』行の用語

  1. 排唾管(はいだかん)

    唾液を取り除くために口の中に置く吸引管のことです。

  2. ハイドロキシアパタイト(はいどろおきしあぱたいと)

    リン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことです。Caとリン酸を湿式合成または水熱合成することで人工的にも製造でき...

  3. 排膿(はいのう)

    化膿した部分を切開して膿を出すことや溜った膿を出すことを言います。

  4. ハイブリットコート(はいぶりっとこーと)

    形成後の生活歯(特に象牙質)を外来刺激や二次カリエスなどから守るシーリング・コーティング材です。象牙質表面に塗布すると、...

  5. ハイブリッド(はいぶりっど)

    硬いセラミックに軟らかくて粘りのあるレジンを混合したものです。正式には、ハイブリッドセラミックと言います。

  6. ハイブリッドセラミック(はいぶりっどせらみっく)

    歯の詰め物やかぶせ物に使われる歯科材料のことです。プラスチックと陶材を混ぜてた複合材料です。セラミックに比べて変色の可能...

  7. ハイブリッドセラミックインレー(はいぶりっどせらみっくいんれー)

    セラミックの粒子とレジンを混ぜた材質で作られた白色のインレーのことです。

  8. ハイブリッドセラミッククラウン(はいぶりっどせらみっくくらうん)

    歯の被せ物のことで、プラスチックと陶材を混ぜてた複合材料で作成した被せ物を言います。セラミックに比べて変色の可能性はある...

  9. ハイブリッドレジン(はいぶりっどれじん)

    →ハイブリッドセラミック

  10. 歯型(はがた)

    歯で噛んだ後に残る形の事です。歯並びの形を石膏(せっこう)などでうつしとったものを言います。

  11. 歯ぎしり(はぎしり)

    上下の歯を強く噛み合わせてずらすと音がなります。これを歯ぎしりと言います。

  12. 白板症(はくばんしょう)

    白いカビのようなモノが舌にできる病気ことです。「ロイコプラキア」とも言います。

  13. 歯茎(はぐき)

    歯ぐき、歯肉のことです。歯の周りや歯を支えている歯槽骨をおおう粘膜のことです。

  14. 破折(はせつ)

    歯や歯根が折れたり欠けたりした状態を言います。

  15. 8020運動(はちまるにまるうんどう)

    80歳になっても20本残るようにする運動のことです。日本歯科医師会が運動に取り組んでいます。

  16. パッチテスト(はっちてすと)

    金属や薬剤などのアレルギー反応の有無を調べるための簡易テストを言います。簡易的なテストで、完全にアレルギー反応の有無を調...

  17. 歯並び(はならび)

    歯の並びぐあい(歯列)を言います。

  18. 反対咬合(はんたいこうごう)

    歯を噛み合わせた時に、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態のことです。

  19. 半埋伏歯(はんまいふくし)

    不完全埋伏歯のことです。

  20. バー(ばー)

    主に局部床義歯に用いる金属の棒のことです。二つ以上の義歯を連結したり、義歯の強化などに用いられます。

  21. バーチカルストップ(ばーちかるすとっぷ)

    口を閉じたときに噛む力を支え、それ以上の噛み込みを防ぐ奥歯のことです。

  22. バイオセラミックス(ばいおせらみっくす)

    100%セラミックスで、生体親和性が極めて高く、自然歯に最も近い性質を持ちます。

  23. バイオフィルム(ばいおふいるむ)

    口腔内の歯周病菌、その他の雑菌によって構成される細菌の膜のことです。歯の表面に強固に接着することによって、炎症が波及し組...

  24. バイオプレート(ばいおぷれーと)

    顎関節症の治療法の一つ。 バイオプレートというアクリル素材のマウスピースを装着して、下あごのズレを補正する治療法です。

  25. バイオロジックウィズ(ばいおろじっくうぃず)

    歯、骨、歯肉のそれぞれの位置関係のことです。

  26. バイト(ばいと)

    上下の歯の噛み合わせのことです。 または、咬合採得とも言います。

  27. バキューム(ばきゅーむ)

    治療時に、口腔内から唾液や、歯を削った細かい粉等を吸い取る治療機器のことです。

  28. 抜歯(ばっし)

    歯を抜くことです。

  29. 抜歯窩(ばっしか)

    抜歯した後の傷跡のことです。

  30. バッチテスト(ばっちてすと)

    アトピーやアレルギーの方が、接触アレルギーの有無を調べる方法です。簡易的なテストで、完璧にアレルギー反応の有無を調べられ...

  31. 抜糸(ばついと)

    歯科用語では、(ばっし)とは読まずに、(ばついと)と読みます。抜歯と混同しないためです。  

  32. 抜髄(ばつずい)

    虫歯が歯髄にまで達してしまった場合、歯髄を取り除く治療のことです。麻酔をして行うことを略して麻酔抜髄とも言います。神経を...

  33. 抜髄歯(ばつずいし)

    神経を抜いた歯のことです。

  34. パーフォレーション(ぱーふぉれーしょん)

    歯に穴を開けてしまうことで、治療中にタービンで歯を削っている時や、リーマー・ファイルなどで根管治療を行っている際に、歯に...

  35. ハイブリッドセラミックス(ぱいぶりっどせらみっくす)

    セラミックスの良さ(美しさ・強さ)とレジンの良さ(耐衝撃性・粘り)、両方の良いところを合わせ持つ人工の歯の素材のことです...

  36. パタカラ(ぱたから)

    MFT(口腔筋機能療法)とも言います。脳卒中や脳血傷による構音障害に対して、顔・口・舌の筋肉を再活性化させる目的で行う構...

  37. パニック障害(ぱにっくしょうがい)

    突発的で強い不安感、めまい、体のしびれなどの発作がくり返し起こり、次いで、それが再発するのではないかという恐怖感におそわ...

  38. パノラマ(ぱのらま)

    口腔内全体を写すレントゲンのことで、正式には、パノラマレントゲンと言います。

  39. パノラマレントゲン(ぱのらまれんとげん)

    口腔内全体を写すレントゲンのことです。

  40. ヒールオゾン(ひーるおぞん)

    オゾンによって虫歯菌を殺菌し、再石灰化を促進することで虫歯を治療する方法のことです。

  41. 皮下気腫(ひかきしゅ)

    皮下組織(皮膚の下の組織)に何らかの原因で空気が入り、顔などが張れることです。

  42. 皮質骨(ひしつこつ)

    骨の周辺部分を構成する硬くて緻密な骨を言います。骨は「皮質骨(ひしつこつ)または緻密骨(ちみつこつ)」と「海綿骨(かいめ...

  43. 非定型歯痛(ひていけいしつう)

    原因が不明の歯の痛みのことです。

  44. ヒドゥンカリエス(ひどぅんかりえす)

    視診では確認できない虫歯のことです。目視では健全に見えても歯の内部(象牙質)で進行している虫歯のことです。

  45. 皮内テスト(ひないてすと)

    皮内テストとは、皮内(皮膚層の中)に抗原液を注射して、15分後に皮膚の状態をみる検査です。

  46. 表面麻酔(ひょうめんますい)

    歯ぐきにジェル状の麻酔薬を塗ることです。歯ぐき表面の知覚神経をマヒさせる麻酔方法です。麻酔注射の前に、注射の感覚を鈍くす...

  47. 病巣(びょうそう)

    病気が起こっているところです。

  48. P(ぴー)

    歯周病のことです。歯垢が歯と歯ぐきの間の溝に溜まり炎症を起こす歯肉の病気です。歯肉炎、歯周炎などの総称です。

  49. PMTC(ぴーえむてぃーしー)

    Professional Mechanical Tooth Cleaningの略称です。 歯科医師や歯科衛生士がクリー...

  50. PLI(ぴーえるあい)

    プラークインデックスの略で、虫歯、歯周病の原因となる歯垢の付着状態を示す指数のことです。

  51. PCur(ぴーしーゆーあーる)

    歯周ポケット掻爬のことです。

  52. P処置(ぴーしょち)

    スケーリングの後に、患部を消毒したり薬剤を歯周ポケットへ注入する処置のことです。

  53. PZ(ぴーぜっと)

    虫歯を削った後、歯の残った部分を形整し、補綴物を作るために適した形にすることです。神経のある歯(生活歯)に対して行われる...

  54. PTC(ぴーてぃしー)

    特殊なブラシやラバー等の清掃器具を使用して、歯の表面の汚れや色素を落とす処置のことです。

  55. PD(ぴーでぃ)

    部分入れ歯のことです。パーシャルデンチャーの略です。

  56. ファイバーコア(ふぁいばーこあ)

    支台築造の1つで、グラスファイバーという特殊な素材でできた、歯の土台のことです。

  57. ファイバーポスト(ふぁいばーぽすと)

    何らかの理由で歯が欠損し、そのままでは被せ物を被せられない場合に、人工の土台(コア)で欠損した部分を補います。その土台の...

  58. ファイル(ふぁいる)

    歯科治療で抜髄の際に用いられる針状の形態で、根管形成(神経、根の治療)用の治療器具のことです。

  59. ファセット(ふぁせっと)

    上下の歯の噛み合わせに出来る咬耗のことです。歯軋りなどで起こり咬耗面を少し削ることで歯軋りなどの症状が改善される場合があ...

  60. フィクスチャー(ふぃくすちゃー)

    インプラント手術時に顎骨に埋め込むインプラント本体を「フィクスチャー」と言います。現在では、このフィクスチャーは、純チタ...

  61. フィステル(ふぃすてる)

    進行した虫歯や歯周病等によって歯周組織にたまった膿が、外に流れ出る穴のことです。

  62. フィブリン(ふぃぶりん)

    血液の凝固に関わるタンパク質の一種。止血や血栓形成の役割をします。

  63. フォーンズ刷掃法(ふぉーんずさっそうほう)

    歯磨きの方法のひとつ。円を描きながら唇面をブラッシングし、舌側、口蓋側、咬合面は歯ブラシを前後に動かしブラッシングを行な...

  64. 不完全埋伏歯(ふかんぜんまいふくし)

    歯冠の一部が見えているものを言います。半埋伏歯とも言います。

  65. 副交感神経(ふくこうかんしんけい)

    自律神経の一つで、交感神経とは逆に、睡眠中や食事中、入浴中などリラックスしているときに活発になります。エネルギーを蓄え、...

  66. 副根管(ふくこんかん)

    通常の根管数以上ある根管のことです。

  67. 複根歯(ふくこんし)

    歯根が複数ある歯のことです。

  68. 複雑窩洞(ふくざつかどう)

    虫歯を削った部分が歯の複数面にある状態のことです。

  69. 覆髄(ふくずい)

    外来刺激を遮断することや歯髄の炎症を鎮め、第三象牙質の形成を促すことを言います。

  70. 覆髄法(ふくずいほう)

    歯髄が露出したり、深い部分にあるう蝕が外からの刺激や細菌感染を防ぐため、露出した歯髄や窩底に薬剤を貼付して保護し、外部か...

  71. 覆罩(ふくとう)

    虫歯が深くて、歯髄に近い場合に、薬をつけて歯髄を保護する治療法のことです。

  72. 副鼻腔(ふくびくう)

    鼻腔に隣接した骨内に作られた空洞であり、ヒトでは前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形洞の4つを言います。

  73. 副鼻腔炎(ふくびくうえん)

    副鼻腔に炎症がおきる病気で、慢性の副鼻腔炎は、通称は蓄膿症(ちくのうしょう)と言います。 蓄膿症は、鼻の奥や副鼻腔など...

  74. 不正咬合(ふせいこうごう)

    噛み合わせが正常ではない状態のことです。

  75. 付着歯肉(ふちゃくしにく)

    歯や骨にしっかりとひっついてる歯肉のことを言います。 付着歯肉が少ないとプラークコントロールが困難になったり、細菌感染...

  76. フッ化第一スズ(ふっかだいいちすず)

    う蝕予防剤のひとつです。

  77. フッ化ナトリウム(ふっかなとりうむ)

    フッ化物の一種です。

  78. フッ化物(ふっかぶつ)

    フッ素元素の陰イオン(F−)の状態のものをフッ化物イオン、またはフッ化物と言います。虫歯予防に用いられるフッ化ナトリウム...

  79. フッ素(ふっそ)

    フッ素とは水や食べ物に含まれている自然界の元素のことです。エナメル質の結晶構造を丈夫にし、虫歯予防に効果があると言われて...

  80. フッ素症(ふっそしょう)

    水道水にもともと含まれるフッ素の化合物(フッ化物)、水道水フッ化物添加、歯磨き粉の飲み込みなどによるフッ化物の過剰摂取に...

  81. フッ素塗布(ふっそとふ)

    虫歯を予防する方法の一つです。歯にフッ素ゲルなどを歯科医師や歯科衛生士が塗る方法を言います。フッ素を塗布するのは、歯がは...

  82. フラップオペレーション(ふらっぷおぺれーしょん)

    歯肉剥離掻爬術のことです。歯周病処置の際に歯肉を切開し掻爬する手術のことです。

  83. フリッパー(ふりっぱー)

    留め金を使わない仮の部分入れ歯のことです。

  84. フルキャストクラウン(FCK)(ふるきゃすとくらうん)

    臼歯全体を覆う金属のかぶせ物のことです。FCKとも言います。

  85. フルデンチャー(ふるでんちゃー)

    全ての歯を失った場合に装着する取り外し可能な入れ歯のことです。

  86. フロス(ふろす)

    歯と歯の間を掃除する糸のことです。指に巻き付けて使用する物やホルダー付きのものなど種類は様々です。歯科医院で使い方の指導...

  87. フロッシング(ふろっしんぐ)

    フロスを使用し掃除することです。

  88. 部分入れ歯(ぶぶんいれば)

    歯の無いところに入れる部分的な入れ歯のことです。部分義歯とも言います。

  89. 部分矯正(ぶぶんきょうせい)

    部分的に歯列矯正を行うことです。MTM、小矯正とも言います。

  90. ブラキシズム(ぶらきしずむ)

    睡眠時のグラインデイング(歯ぎしり)、無意識に行うクレンチング(噛みしめ)、タッピング(歯をカチカチと噛み合わせる)のこ...

  91. ブラケット(ぶらけっと)

    矯正治療に使用する、歯とワイヤーを固定させる装置のことです。

  92. ブラックマージン(ぶらっくまーじん)

    被せた歯の歯茎の間にでる黒いラインのことです。

  93. ブラッシング(ぶらっしんぐ)

    日常で行う歯みがきのことです。プラークの歯の表面への付着を予防し、口腔内を清潔にして、菌の繁殖を抑える環境を作ることが大...

  94. ブリーチング(ぶりーちんぐ)

    歯を削ること無く、薬品を使用して歯の色を白くする治療のことです。

  95. ブリッジ(ぶりっじ)

    欠損歯の両側の歯を削り、欠損部分の人工歯を繋げて支えるかぶせ物のことです。

  96. 分割抜歯(ぶんかつばっし)

    歯根が複数ある歯牙で、保存できる歯根のみ残して抜歯することです。大臼歯に対して行なわれます。ヘミセクションとも言われます...

  97. 分岐部病変(ぶんきぶびょうへん)

    奥歯の根が分かれ目(分岐部)に細菌が侵入し、歯周病病変が生じることを言います。一度、歯周病病変にかかると治療を行ってもな...

  98. プラーク(ぷらーく)

    口腔内細菌が作り出す、虫歯や歯周病の原因となる物質のことです。食べかすや細菌等のかたまりを言います。

  99. プラークコントロール(ぷらーくこんとろーる)

    正しい歯磨きや食生活の改善等で、プラークの発生を予防することです。

  100. プラスチックサージェリー(ぷらすちっくさーじぇりー)

    美容整形手術のことです。

  101. Pul(ぷる)

    歯の中の神経や血管などの組織が炎症を起こす歯髄炎のことです。歯髄炎の治療は神経をとる、抜髄という処置を行います。

  102. プロービング(ぷろーびんぐ)

    歯周ポケットの深さを測る行為のことです。

  103. プローブ(ぷろーぶ)

    探針のことです。

  104. ヘッドギア(へっどぎあ)

    矯正治療に用いられる装置のことです。顎外固定装置。

  105. ヘミセクション(へみせくしょん)

    分割抜歯のことです。

  106. ヘルペス(へるぺす)

    皮膚や粘膜に現れる発疹のひとつで水泡や膿泡が集合した状態のことです。

  107. 辺縁性歯周炎(へんえんせいししゅうえん)

    歯肉だけでなく、歯周組織にまで炎症がおよんだもののことです。

  108. ペースメーカー(ぺーすめーかー)

    心臓に対して電気刺激を与え鼓動を促す医療機器を言います。

  109. ペインクリニック(ぺいんくりにっく)

    痛みを減らす治療を専門とする診療科を言います。ペインとは、日本語で、「痛み」という意味です。「痛み」に専門的に取り組む科...

  110. ペリオ(ぺりお)

    歯周病治療のことです。歯を支える歯肉、歯根、歯槽骨などの歯周組織の治療です。

  111. Perico(ぺりこ)

    智歯周囲炎のことです。親知らず(第3大臼歯)がうまく生えない場合に、歯と歯肉の間に隙間ができ、食物がつまり炎症を起こすこ...

  112. ペリコ(ぺりこ)

    ペリコロナル(歯冠周囲)の略です。歯冠周囲炎または、智歯周囲炎のことです。

  113. Per(ぺる)

    歯根膜炎(Per)のことです。歯の根元の歯根膜や歯槽骨にまで細菌が感染して炎症を起したもので、症状が進むとリンパ節の腫れ...

  114. ホームホワイトニング(ほーむほわいとにんぐ)

    漂白剤を塗ったマウスピースを、一日数時間装着することによって歯を白くして行く、家庭で行う治療方法のことです。

  115. 縫合(ほうごう)

    縫い合わせることです。特に、外科手術で外傷などで切断された患部を縫い合わせることです。

  116. 縫合糸(ほうごういと)

    手術の際に縫合に用いる糸のことです。絹糸、腸線などが用いられます。

  117. 萌出(ほうしゅつ)

    歯が生えてくることです。

  118. 補強線(ほきょうせん)

    入れ歯を補強するために、床に埋め込むワイヤーのことです。

  119. 保険(ほけん)

    保険診療のことです。歯科の診療は保険と自費(保険外)に分かれます。

  120. 保険医療機関(ほけんいりょうきかん)

    厚生労働大臣の指定を受けた病院・歯科診療所などのことを言います。

  121. 保険外(ほけんがい)

    医療保険を一切適用せず、治療費の全額を負担して受ける診療のことです。「自費診療」や「自由診療」とも言われます。

  122. 保険証(ほけんしょう)

    日本の公的医療保険制度で、健康保険に加入する被保険者が医療の必要な状態になったとき医療費を保険者が一部負担する身分証明書...

  123. 保険診療(ほけんしんりょう)

    社会保険や国民健康保険などの健康保険などの公的医療保険制度が適用される診療を受けることを言います。

  124. 保険者(ほけんじゃ)

    健康保険事業を運営するために、保険契約に基づき、保険料を徴収したり、保険給付を行ったりする運営主体のことを『保険者』と言...

  125. 保険治療(ほけんちりょう)

    社会保険や国民健康保険などの健康保険などの公的医療保険制度が適用される治療を受けることを言います。

  126. 保険適用外(ほけんてきようがい)

    処置や材料において、保険が適用されないことです。

  127. 保険点数(ほけんてんすう)

    「診療報酬点数」と言われるもので、医療行為の価格で、診療報酬の点数は、病院や歯科医院などの医師が患者に対して行う個々の診...

  128. 保隙装置(ほげきそうち)

    乳歯が早く失われたとき、永久歯に萌えかわるまでの間、その場所を確保しておくための装置です。乳歯は、食物を咬む仕事だけをし...

  129. 保存科(ほぞんか)

    う蝕(虫歯)などの歯牙疾患に対する保存修復処置、根管治療などを行う歯内療法や歯周病の治療を行い、できるだけ歯を保存的に治...

  130. 保存治療(ほぞんちりょう)

    抜歯や抜髄を可能な限り行わず、歯の神経や歯の周りを処置し、天然歯の保存を目的とする治療方法のことです。

  131. 保定(ほてい)

    歯列矯正治療によって歯を動かしますが、矯正装置を外した直後は歯並びが元に戻りやすいので、元に戻らないようにするために用い...

  132. 保定装置(ほていそうち)

    矯正治療終了後、移動された歯牙、顎をその状態に保持するために用いる装置のことです。

  133. 補綴(ほてつ)

    歯を削った部分や欠損部に、詰め物やかぶせ物、入れ歯、インプラント等を入れることです。

  134. 補綴物(ほてつぶつ)

    歯を削った部分や欠損部に入れる、詰め物やかぶせ物、入れ歯等を総じて言います。

  135. 補綴物維持管理(ほてつぶついじかんり)

    硬質レジン前装冠、ジャケット冠、ブリッジなどを保険で治療した場合、治療費に補綴物維持管理料をプラスすることがあります。そ...

  136. ホワイトクラスプ(ほわいとくらすぷ)

    クラスプに、金属ではなく白いプラスチックを使用したものです。金属のクラスプよりも目立ちにくいです。

  137. ホワイトコート(ほわいとこーと)

    歯の表面に歯牙色にコーティングすること、またはその材料のことです。

  138. ホワイトゴールド(ほわいとごーるど)

    金にパラジウムなどの金属を加えた合金のことです。色は銀色に近く、変色に強いです。

  139. ホワイトニング(ほわいとにんぐ)

    漂白剤等を使用して、歯の色を白くする治療方法のことです。歯科医師の指導を受けて家庭で行う、ホームホワイトニングと、診療室...

  140. 防護エプロン(ぼうごエプロン)

    レントゲン撮影時に、放射線から身体を守るための鉛入りエプロンのことです。

  141. 母子感染(ぼしかんせん)

    1〜2才位の子供において、母親とのスプーンの共有や口移し等が原因で、虫歯の原因となる菌が感染してしまうことです。

  142. ボンディング(ぼんでぃんぐ)

    歯を削らずにレジンを直接歯に接着させる審美修正のことです。

  143. ポーセレン(ぽーせれん)

    補綴物に使われる材質の一種で、セラミックのことです。

  144. ポーセレンジャケットクラウン(ぽーせれんじゃけっとくらうん)

    ポーセレン(セラミックス)によりつくられた、歯の色をした冠のことです。歯の色調や形態の再現性がよいのが特徴です。 ポー...

  145. ポケット(ぽけっと)

    歯と歯茎の境にある溝のことです。

  146. ポケットブローブ(ぽけっとぶろーぶ)

    歯と歯肉の間の溝の深さを測る器具のことです。

  147. ポジショナー(ぽじしょなー)

    矯正治療の仕上げに用いられる用具のことです。マウスピースのようなものです。

  148. ポスト(ぽすと)

    歯の土台(支台)を言います。

  149. ポンティック(ぽんてぃっく)

    ダミーとも言います。ブリッジの歯の無いところで、支台歯が無い人工歯の部分を言います。

 

新着歯科医院情報




RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター