あなたに合った「かかりつけ歯科医」を探そう。

歯の基礎知識|歯周病

歯周病とは

 歯周病とは、歯肉や歯槽骨などの歯を支える土台が、歯垢の毒素によって破壊される病気を言います。歯周病は、歯肉炎と歯周炎の2つに分けら、歯周組織を刺激して、歯肉が炎症を起こしている状態を歯肉炎といいます。

 そして、さらに悪化して、歯槽骨・歯根膜まで破壊されている状態を、歯周炎と言います。
歯肉炎は、初期にはほとんど症状はありません。ブラッシング時の歯肉の出血がある程度ですが、悪化すると歯肉の腫脹、疼痛、発赤を生じ、膿がでたりします。この症状を放置すると、炎症は深部に進行し、徐々に歯槽骨と歯根膜を破壊します。


分類

【歯周病の進行】
P1(歯周炎)
P1(歯周炎)

炎症が起こっており、歯肉が赤くはれ、歯磨きやちょっとした刺激でも出血しやすい状態。
歯の汚れを落とし、毎日しっかりブラッシングをすれば、良くなります。

P2(軽度歯周炎)
P2(軽度歯周炎)

歯肉の炎症が進み、歯と歯肉の間に「歯周ポケット」と呼ばれる溝が徐々に深くなり、歯槽骨の破壊が始まり、水などが染みます。

P3(中等度歯周炎)
P3(中等度歯周炎)

歯肉が腫れ、歯が浮く感じがしてものが食べにくくなります。歯周ポケットに汚れが入り炎症が悪化し、膿が出て口臭が酷くなります。

P4(重度歯周炎)
P4(重度歯周炎)

歯槽骨は殆どなくなり、歯の根っこが露出します。
歯肉が腫れて痛み、歯がグラグラして最後は、自然と抜けてしまいます。

 
 

新着歯科医院情報




RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター