メール相談:奥歯の歯と歯の間に虫歯がある。レジンで治療はできますか? | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 奥歯の歯と歯の間に虫歯がある。レジンで治療はできますか? カテゴリ 虫歯
相談者 YOU様 年齢 35歳 性別 男性
現在、右下7番の6番側側面に歯間虫歯が有ります。
一般的にこの位置の歯間虫歯はインレー治療のようですが、レジン治療はどうなのでしょうか?
現在通っている歯医者で治療を進めるとインレーになりますが、他所でレジンを第一に考えてる歯医者が有り迷っている状況です。
一応その歯医者にメールで相談してレジンで出来そうとの回答は取り敢えずですが貰ってます。
インレーにすると歯の寿命が短くなるのでなるべくならレジンで済ませたいです。
レジン治療が得意な先生なら大丈夫なんでしょうか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
基本的にレジンは術者の技術によりその差が結構出ます。
単純に言うとインレーなら5年くらいでダメになるとして、その技術による差がプラスマイナス1年だとしたらレジンなら同じ5年だとしてもプラスマイナス3年の幅があるということです。

また長年持っているように見えても、上のほうはきれいについているので下のほうでむし歯が意外と進んでいて、インレーにするよりもだいぶ悪くなってからしか気が付かないというような側面も持ち合わせています。
なので単純に金属よりもレジンのほうが持つということは決して言えません。
金属だと寿命が短くなるというのはまちがっていると思います。
もちろんそれらをわかったうえでそれに対する処置を行っているようなところもあると思います。
審美的な面が気になるならレジンをしてしっかりメインテナンス、チェックをしていくというのがネットでできる最大限のアドバイスです。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
レジンなど接着で済むようであればそちらのほうがいいと思います。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
YOU 様、初めまして。
隣接面齲蝕の治療法でお悩みの事と拝察申し上げます。

実際にYOU様の口腔内やレントゲン等を拝見致しておりませんので、確定的な事は申し上げられませんが、一般的にインレーコンポジットレジンの特性は以下のようになります。

審美性:コンポジットレジン > メタルインレー

耐摩耗性:メタルインレー > コンポジットレジン

耐破折:メタルインレー > コンポジットレジン

近年では、メタルインレーの審美性を考慮して、セラミックインレーが台頭してきています。
大きなむし歯の場合は、コンポジットレジンは不向きです。
酒井 信先生からの回答
4
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
歯の寿命にとってインレーよりレジンのほうが優位だとする意見には疑問がありますが、上手な先生ならある程度大丈夫でしょう。

隣接面カリエスに対してレジン充填をする際には、十分な感染部分の除去・接触関係の回復・隣接面部分の余剰レジンの研磨など高度なテクニックが必要です。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する