メール相談:3ヶ月前に付けたクラウンが割れ、銀歯か自費治療と言われた。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 3ヶ月前に付けたクラウンが割れ、銀歯か自費治療と言われた。 カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 aipaip様 年齢 30歳 性別 女性
お世話になります。

レジンクラウンについてなのですが、3ヶ月ほど前につけたものが食事中に取れ、噛んで割ってしまいました。

同じ歯科医に行ったのですが、銀歯自費治療しかないと言われました。
調べたところすぐに取れてしまった場合は無償で治療してもらえると書いてあるサイトもありました。
この場合どんな選択ができるのか教えて頂ければ幸いです。

お手数ですがどうぞよろしくお願いします。
酒井 信先生からの回答
1
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
噛み合わせがかなりタイトなのかもしれません。
レジンの場合ある程度の厚みがとれませんと、強度的に無理がある場合があります。
割れることがないよう安心できある厚みをとると、土台が低くなって取れやすくなる状態かもしれません。
外れにくく、割れないようにするには、健康保険の材料で金属にするか、保険外の硬い材料でするかしかないと判断されたのではないでしょうか。

保険内の治療で被せたとき「補綴物維持管理料」という項目を算定している医療機関は、2年間は再製作の必要があっても医院側の責任で再製作しなければいけないことになっていますが、同じものを造ってもまた割れると判断したのだと思います。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
保険の歯の補償のことでの相談ですね。
補綴物維持管理と呼ばれるものです。
保険ではそのやり直しの場合2年間は無償でやり直しをしないといけないことになっています。
ただその方法については歯科医師に裁量があります。
レジンクラウンはその強度が自費に比べると非常に弱いです。
それでも何とか持つ人にはいいのですが、そうでない場合にはほかの手段を考えるしかありません。

今回レジンクラウンを被せて3か月で破折してしまったということは、強度的にそこはレジンクラウンでは持たないということが証明されたということになります。
そのようなところに同じ手法で作り直しをしても再度壊れることが考えられます。
なので作り直すにあたっては保険なら銀歯で、ということは当然考えられます。
(この場合には無償でということになると思います。)

そこをどうしても銀歯が嫌だということになれば自費で白い歯ということになります。
今の先生の言われている通りということになります。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
レジン被せ物ですが、現在は保険でできる範囲が広がりました。
ただ、噛むことで壊れる場合、銀の歯でということも適応からあると思われます。
むしろ、頻繁に壊れる白いレジン被せ物は、お役人から見て問題ありと判断される可能性があります。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する