メール相談:虫歯はないのに古い詰め物を詰め直し、神経を抜きました。 | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 虫歯はないのに古い詰め物を詰め直し、神経を抜きました。 カテゴリ 詰め物・被せ物
相談者 ももじ様 年齢 37歳 性別 女性
節目健診で虫歯はなかったのですが、古い詰め物を詰め直すと言われました。
その古い詰め物を削った際に神経まで達してしまったようで、歯と耳と頭の激痛に1週間ほど悩まされ、結果神経を抜くと言われました。
仕方なく抜きましたがこれは医療ミスでしょうか?
さらに毎回仮詰めをしたものが治療当日のうちに取れてしまいます。
頬や舌を噛んで傷付けてしまい、腫れて痛くて電話で相談しても、次回までしっかり歯を磨いていれば大丈夫と言われます。
でも混んでいる歯医者で、予約はいつも月1でしか取れません。
今は神経を抜き終わり、次回は土台の型を取るとのことですが、次回の予約は1月中旬です。
それまで餅も食べるなと言われて地味に困ります。
虫歯でもなかったのに銀歯にされ、治療費もかさんでガッカリしています。
どこか相談できる機関はあるのでしょうか?
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
治療結果でのお悩みですね。
残念ですが医療はその結果を保証しているものではありません。
古い詰め物を取ったその中の虫歯を取ったら痛みが出てしまった、という結果から医療ミスということは簡単には言えません。
例えば痛みがないけれども癌がどこかにあって取るために手術をしたけど痛みがある、これは医療ミスではないかと言われてもそうではありませんよね。
またそのあと再発した、だから医療ミスである、とも言えませんよね。
医療ミスというのはそれを証明することは非常に難しく、今回のようなケースは時として考えられるものです。

日本の保険というものはその処置の最低限行うべき処置を規定するものであり、その結果を保証はしていません。
技術についても最低限のことをしていればその責任を問われることはありません。
患者さんはどこの歯科医院でも選ぶ権利があるのでできるだけうまいところ、通いやすいところ、相性のいい歯科医師というものをいつでも自由に選ぶ権利があります。
それによって歯科医院は淘汰されるというのが保険での自由競争の原理です。
なので今の歯科医院に不満があるのであればどこに代わるのも自由ですが、その代わり、ほかの歯科医院を探す努力はしないといけません。
転医をお勧めします。
酒井 信先生からの回答
2
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
古い詰め物の下に自覚症状のない二次齲蝕ができていたと思われます。
節目検診は基本的に視診での判断になりますので、虫歯が無いと言われることもあります。
実際に除去してみると慢性の齲蝕が進行していて、このような虫歯は自覚症状が無いことが殆どです。
思いのほか深くまで進行していたのでしょう。
残念ながら、治療と称して手を付けると症状が顕在化してくることもあります。
痛くなかったのにと思われるかもしれないことは十分に理解できますし、多少説明不足によりご不満が高じていることも十分理解できます。
しかしながら、医療行為そのものに問題があったかと言えば何とも言えないと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
3
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
詰め物を取って初めてわかる虫歯もあるかと思います。
相性の悪さや不安があると不信感になりますので、歯科医院を変えてもいいかと思われます。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する