メール相談:噛み合わない歯が咬耗しているのはなぜでしょうか? | 歯医者・歯科の検索相談・歯のねっと

new歯とお口の健康講座

歯とお口の健康講座

一生、自分の歯で食事することを目標とした講座です。

 
歯の基礎知識

歯の基礎知識

歯の役割と、歯の治療についての解説です。

 
歯の用語集

歯の用語集

歯に関する治療法、予防法など、用語の50音順解説です。

 
インプラントとは

インプラントって何?

人工の歯の根を埋め込む、インプラント治療についての解説です。

 
審美歯科とは

笑顔はホワイトニングから

歯を白く・美しくする、審美歯科とホワイトニングについての解説です。

 
矯正歯科とは

歯並びが気になる方へ

歯並びを治す、矯正治療についての解説です。

 

from事務局

株式会社アイデンス
 2009年5月11日、機能を大幅に拡充し全面リニューアルしました『歯のねっと』をご利用頂き誠にありがとうございます。特に「歯に関するお悩み相談」は、ボランティアにてご協力頂いている歯科医師の先生方の‘親身なご回答 ’や‘そのクオリティの高さ’及び‘一件の相談に 複数の歯科医師の先生方のご回答’により、高いご評価を頂いています。
 また、「かかりつけ歯科医師」を探しておられる会員様は、中高年層が中心で8割弱となっており、改めて中高年層の‘歯に対する関心の高さ’を示す結果となっています。

○システム変更のお知らせ
 利用者の皆様方や歯科医師の先生方から‘より多くの相談内容を閲覧したい’との強いご要望が寄せられました。慎重に検討させて頂き、「歯に関するお悩み相談」の一部を変更し、相談内容の全てが見られるように致しました。メニューの「相談内容を見る」に公開させて頂きますが、個人情報保護のため、今まで通り‘匿名(ニックネーム)’とさせて頂きます。

公開相談詳細

最寄の歯科医師の検索はこちらから
タイトル 噛み合わない歯が咬耗しているのはなぜでしょうか? カテゴリ かみ合わせ
相談者 にわとり様 年齢 21歳 性別 女性
はじめまして。
相談というより疑問なのですが、お答え頂けると嬉しいです。
左上3番の尖頭が咬耗しているのですが下顎をどの方向に運動させても、左上3番と噛み合うところがありません。
右上3番は右下3番と噛み合います。
噛み合わない部分が咬耗しているのはなぜなのでしょうか?
いつからこの状態なのかは、申し訳ないのですが分かりません。
ふと気がついて疑問に思い質問させていただきました。
ご返答よろしくお願い致します。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
歯ぎしり食いしばりなどがある可能性も示唆されます。
歯科医院でみてもらうのがいいと思います。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
不思議な現象ですね。
2つのことが考えられます。
今のかみ合わせで本当に顎をむちゃくちゃ変なところに動かして当たっている可能性があります。
(夜間はほんとに変なあごの動かし方をすることがあります。)
もう一つ、まだ歯が全部生えきっていない時に咬耗が起こって、それがだんだん歯の萌出や移動によって当たらなくなってきた、という可能性です。
ホントに不思議ですね。
川原 正照先生からの回答
3
広島県

川原 正照

医療法人社団誠美会 川原歯科医院
3番目の歯、犬歯は根っこが長く強い歯です。
かみしめた後、左右に下あごを動かすと、最後まであたっているのが上下の犬歯です。
ですから無意識のうちに食いしばり歯ぎしりをしてそのようにすり減ったのだと思います。
歯が欠けるとか、肩こり、偏頭痛などがあれば、夜間にはめるマウスピースを作ってもらった方がいいと思います。
船津 三四郎先生からの回答
4
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
にわとり 様、初めまして。
左上3番の咬耗が気になる事と拝察申し上げます。

ご指摘の通り、口腔内では、対合歯(噛みあう歯)と当らないのに咬耗している歯が有る事がよくあります。

これは、
1.かつては顎運動時に上下の犬歯(3番)は当たっていました。

2.やがて咬耗が進み、通常の顎運動時には一見当たらない様に見えるようになります。

3.咬耗は、食事などでは起きません。
夜間就寝時の、歯ぎしり食いしばりが原因
歯ぎしりには、音が出ないタイプが有り。その為、本人も家族も気が付かない事が多い)

4.夜間の歯ぎしりや、食いしばりは、意識の無い熟睡下に起こる為、顎の骨に強大な咬合力が発生します。
奥歯1本当たり100kg以上の力がかかります。
その為、顎の骨が折れるかと思うほど変形(湾曲)します。
その変形した時に対合歯と当たり、ギコギコこすれます。

日中は、意識が有りますので、その様な強大な力は発生しません。
(大脳が抑制します。)
しかし、眠っている時は、大脳の抑制が働かず、強力な「ばか力」が発生するのです。

あまりにも咬耗が進んでいる時は、「歯ぎしり防止装置」の製作も選択肢の1つです。
最寄の歯科医師の検索はこちらから


公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

医師に相談してみる(無料)
 

新着歯科医院情報




RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター