メール相談:20年前に顎関節症の治療をしたが1年ほど前から痛みが出始めた | 歯医者・歯科の検索相談・歯のねっと

new歯とお口の健康講座

歯とお口の健康講座

一生、自分の歯で食事することを目標とした講座です。

 
歯の基礎知識

歯の基礎知識

歯の役割と、歯の治療についての解説です。

 
歯の用語集

歯の用語集

歯に関する治療法、予防法など、用語の50音順解説です。

 
インプラントとは

インプラントって何?

人工の歯の根を埋め込む、インプラント治療についての解説です。

 
審美歯科とは

笑顔はホワイトニングから

歯を白く・美しくする、審美歯科とホワイトニングについての解説です。

 
矯正歯科とは

歯並びが気になる方へ

歯並びを治す、矯正治療についての解説です。

 

from事務局

株式会社アイデンス
 2009年5月11日、機能を大幅に拡充し全面リニューアルしました『歯のねっと』をご利用頂き誠にありがとうございます。特に「歯に関するお悩み相談」は、ボランティアにてご協力頂いている歯科医師の先生方の‘親身なご回答 ’や‘そのクオリティの高さ’及び‘一件の相談に 複数の歯科医師の先生方のご回答’により、高いご評価を頂いています。
 また、「かかりつけ歯科医師」を探しておられる会員様は、中高年層が中心で8割弱となっており、改めて中高年層の‘歯に対する関心の高さ’を示す結果となっています。

○システム変更のお知らせ
 利用者の皆様方や歯科医師の先生方から‘より多くの相談内容を閲覧したい’との強いご要望が寄せられました。慎重に検討させて頂き、「歯に関するお悩み相談」の一部を変更し、相談内容の全てが見られるように致しました。メニューの「相談内容を見る」に公開させて頂きますが、個人情報保護のため、今まで通り‘匿名(ニックネーム)’とさせて頂きます。

公開相談詳細

最寄の歯科医師の検索はこちらから
タイトル 20年前に顎関節症の治療をしたが1年ほど前から痛みが出始めた カテゴリ 顎関節症
相談者 あかり様 年齢 58歳 性別 女性
57才です。
20年くらい前に大学病院で左側の治療(パンピング)をしました。
完治は難しいと言われていましたので時々音はしていましたが、痛みは軽かったのでスプリントを使用したりしてなんとか付き合ってきました。

1年ほど前から右側に痛みが出始め、別の病院で受診し、新たにスプリントを作り通院しましたが痛みが増し、口を閉じる時ひっかかる様になり左側も大きな音がします。
こちらでは治療できないと言われ通院をやめました今後が不安です。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
もう一度大学病院に戻ってみてはいかがでしょうか。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
顎関節症でお悩みですね。
顎関節症の原因は様々あり、たくさんの治療法が混在しているというのが現状です。
特に最近出てきた考えにTCHが原因の一つではないか、といわれています。
TCHについてはネットでその対策までが出ていると思うので検索して実践してみてください。
(お金もかからないし、悪化することはないと思うので是非試してみてください。)

その上で顎関節症の関節腔内パンピングを行ったということは、その術後に癒着などの器質的な変化が起こることがあります。
この場合には開口訓練などが有効になってきますが、実際にどの様な状態になっているのかをわからずに、やみくもに開口訓練をすると逆に顎がさらに痛くなることも考えられます。
その場合やはり顎関節のMRIが撮れるような病院の口腔外科で診てもらう必要があると思います。
川原 正照先生からの回答
3
広島県

川原 正照

医療法人社団誠美会 川原歯科医院
お困りですね。
いまさら治療をした大学病院に通院するわけにもいかないので、地元の大学病院に問合せして、専門的な治療をしてもらってください。
一般的な顎関節の治療では対処できないかもしれません。
酒井 信先生からの回答
4
宮城県

酒井 信

にがたけホワイト歯科
顎関節症の治療を謳っている歯科医院を訪れるか、歯科口腔外科を標榜している病院歯科に相談してみてください。
船津 三四郎先生からの回答
5
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
あかり 様、初めまして。
顎関節症の症状でお困りの事と拝察申し上げます。

一般的に、顎関節症の原因や、発症要因には以下の様な事項があります。

顎関節症 の原因
要因として
1.態癖
 睡眠態癖(うつ伏せ寝、手を添えて横向寝等)
 片手頬杖
 両手頬杖
2.夜間就寝時の歯ぎしり
3.噛み締め癖
4.TCH
5.歯の欠損の放置
6.咬み合わせ過蓋咬合開咬
7.不良補綴物
8.片咬み
9.職業病(辛い姿勢を長時間強いられる)
10. ストレス
等があります。

顎関節症学会に所属し、症例数の多い歯科医院で診て頂くことをお勧めいたします。
ただし、すぐに歯を削って噛み合わせを調整する治療を行う歯科医院は、避けた方が無難です。
最寄の歯科医師の検索はこちらから


公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

医師に相談してみる(無料)
 

新着歯科医院情報



RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター