メール相談:食いしばり対策用のマウスピースで顎がずれ、口が開かなくなった | 歯のねっと

公開相談詳細

タイトル 食いしばり対策用のマウスピースで顎がずれ、口が開かなくなった カテゴリ 顎関節症
相談者 スケ様 年齢 39歳 性別 女性
かかりつけの歯医者で作った睡眠時の食いしばり対策用マウスピースにより、顎がずれ6枚切りの食パンが入らないほど口が開かなくなりました。
マウスピースは軽く見て分かるほど左右で盛り具合が異なり、実際装着すると高さの違いから右はカチカチ噛み合いますが左は全く触れないほど噛み合いません。
装着する歯にはフィットしています。
マウスピース完成時の引渡しの際やそれ以降に、マウスピースそのものや私が装着した口の中を診ることはありませんでした。
作り直しをお願いしに再診しましたが、はじめて会うマウスピースを作った口腔外科の先生が出てきて(医師2名の夫婦でやっている歯医者)、「食いしばりマウスピースは無意味、顎も問題ない」と軽く触診した後言われ、持参したマウスピースを見てももらえず作り直し以前に話にならず帰宅するしかありませんでした。

現在顎関節の治療で別の歯科を受診しています。
そこでマウスピースを見せると、『こんなのはじめて見た。まるで使えない。捨ててください。かわいそうでしたね。』と言われました。
100%そのマウスピースのせいで顎がずれたのではないのかもしれませんが、可能性は極めて高いと思います。
できることなら顎関節症の治療代も請求したいくらいですが、せめて『無意味』なのに作らされたマウスピース代を返してもらえたらと思っています。
恐らくまともに話が通じるとは思えませんので、歯医者さんの視点から私がどのように対応すれば良いか等アドバイス頂ければと思い投稿いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。
河原 雅朗先生からの回答
1
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
顎関節症でお悩みですね。
顎関節症の治療はこうすればこう治るというように決まった治療方法があるわけではありません。
腰痛症に悩んでいる方が、いろいろ試してみたけれどもどれもこれもダメだった、という話はよく聞くことと思います。
原因がたとえば整形外科で手術をして治ったとして、それ以前に整体やカイロに使った費用が無駄であったから返してほしいということを言ってもそれは無理だと思いませんか?
顎関節症食いしばりTCHという概念が言われだしたのはここ数年です。
まだまだ顎関節症の治療にはマウスピースをはめるということが保険で認められているだけなので、まずはその治療方法を試してみるということが通常第一選択となり、今回のようにさらに悪化してしまってそのマウスピースが無駄になってしまったとしても、その費用については返してもらうことは非常に困難だと思います。
(そうやって治っている方も現実にいる以上、その治療方法が最初にかかった時点で無駄になるかどうかを判断するすべはなく、無意味かどうかはわからないからです。)

おつらいでしょうが、今はまず顎をしっかり治すようにいろいろと治療をしてもらうことが先決だと思います。
渡辺 英弥先生からの回答
2
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
確かに大変だったと思います。

ただ顎関節やかみ合わせなど、先生によって処置が違うことは残念ながらあります。
ですので、ご自身に合うところで治療されるのが一番かと思います。

それから、確認して欲しいのですが、日常的に無意識に上下の歯が接触はしていないでしょうか?
しているのであれば、歯を少し離すようにしましょう。
船津 三四郎先生からの回答
3
北海道

船津 三四郎

船津歯科・矯正歯科クリニック
スケ 様、初めまして。
マウスピース装着後の症状でご難儀の事と拝察申し上げます。

文面より推測致しますと、夜間就寝時の食いしばり対策用のマウスピースを完成時に手渡しされただけなのでしょうか?

歯科医師が、口腔内に試適をして噛み合わせのチェックや調整などは一切しなかったとの事でしょうか?
もしそうだとしたら、有り得ない治療です。

通常は
1.完成時に噛み合わせ、適合状態等のチェック調整をする。
2.1〜2週後に再度調整
3.1か月後にチェック
4.定期健診で必ずチェック

等が普通です。

公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

RSSリーダーに登録する