メール相談:一番奥へのインプラント治療についてお聞きします。 | 歯医者・歯科の検索相談・歯のねっと

new歯とお口の健康講座

歯とお口の健康講座

一生、自分の歯で食事することを目標とした講座です。

 
歯の基礎知識

歯の基礎知識

歯の役割と、歯の治療についての解説です。

 
歯の用語集

歯の用語集

歯に関する治療法、予防法など、用語の50音順解説です。

 
インプラントとは

インプラントって何?

人工の歯の根を埋め込む、インプラント治療についての解説です。

 
審美歯科とは

笑顔はホワイトニングから

歯を白く・美しくする、審美歯科とホワイトニングについての解説です。

 
矯正歯科とは

歯並びが気になる方へ

歯並びを治す、矯正治療についての解説です。

 

from事務局

株式会社アイデンス
 2009年5月11日、機能を大幅に拡充し全面リニューアルしました『歯のねっと』をご利用頂き誠にありがとうございます。特に「歯に関するお悩み相談」は、ボランティアにてご協力頂いている歯科医師の先生方の‘親身なご回答 ’や‘そのクオリティの高さ’及び‘一件の相談に 複数の歯科医師の先生方のご回答’により、高いご評価を頂いています。
 また、「かかりつけ歯科医師」を探しておられる会員様は、中高年層が中心で8割弱となっており、改めて中高年層の‘歯に対する関心の高さ’を示す結果となっています。

○システム変更のお知らせ
 利用者の皆様方や歯科医師の先生方から‘より多くの相談内容を閲覧したい’との強いご要望が寄せられました。慎重に検討させて頂き、「歯に関するお悩み相談」の一部を変更し、相談内容の全てが見られるように致しました。メニューの「相談内容を見る」に公開させて頂きますが、個人情報保護のため、今まで通り‘匿名(ニックネーム)’とさせて頂きます。

公開相談詳細

最寄の歯科医師の検索はこちらから
タイトル 一番奥へのインプラント治療についてお聞きします。 カテゴリ インプラント
相談者 河内ミナミ様 年齢 27歳 性別 女性
この前は、右上へのインプラント治療について質問させていただきましたが、今回は、左下の一番奥へのインプラント治療についてお聞きします。

実は、全部で4本抜歯してから矯正治療をしているのですが、奥歯を前にもってくると左上にある親知らずが綺麗に並ぶと思うのですが、左下の親知らずを抜いてしまったので噛み合う歯がないのです。

なので左上の一番奥の歯が、いずれ出てきてしまうかもしれないと思うのですが、そうさせない方法は、それと噛み合う場所にインプラントを入れるしかないのでしょうか?

相対する場所に歯がなくても左上の一番奥の歯を維持させる方法はないものでしょうか?

また、私はすこし食いしばりがあるのですが、インプラントをいれるとどんな問題があるでしょうか?

インプラントの上の部分が摩耗する程度でしょうか?

それともネジみたいなものの上にかぶさっている部分が歯茎の中にめり込んでしまうこともあるんでしょうか?

また、インプラント部分が歯周病になってしまうでしょうか?

では、ご回答よろしくお願い致します。
渡辺 英弥先生からの回答
1
福島県

渡辺 英弥

渡辺歯科医院
○なので左上の一番奥の歯が、いずれ出てきてしまうかもしれないと思うのですが、そうさせない方法は、それと噛み合う場所にインプラントを入れるしかないのでしょうか?
相対する場所に歯がなくても左上の一番奥の歯を維持させる方法はないものでしょうか?

親知らずはほかにないのでしょうか?
あれば移植という手段がなきにしもあらずです。
でなければ、やはりインプラントが良いと思いますが、一番先に当たる部分ですし、力もかかる部分ですので、条件を整える必要があります。

○私はすこし食いしばりがあるのですが、インプラントをいれるとどんな問題があるでしょうか?

インプラントには強敵になることが多い不定愁訴です。
食いしばりだけでなく歯ぎしりも多少あると考えられます。
横ずれの力がかなりかかるのと食いしばりによる過大な力がかかります。
歯もそうですが、横揺れの力に弱いことがあげられます。

インプラントの上の部分が摩耗する程度でしょうか?
それともネジみたいなものの上にかぶさっている部分が歯茎の中にめり込んでしまうこともあるんでしょうか?

摩耗することで力を逃がすことができればいいのですが、限界があります。
一番怖いのはインプラント本体が壊れる、割れることです。
または中のネジ止め部分のネジが折れることもあります。
私も経験がありまして、咬み合わせの調整だけでは対応できませんでした。
夜間のマウスピース等が必須になります。

○また、インプラント部分が歯周病になってしまうでしょうか?

歯周病とは言いません。
インプラントは歯と違い骨の中に存在するもので、ある意味、学問的に病的な状態でもあると、おっしゃる先生がいるくらいです。
感染を起こしてインプラントを支える骨が無くなり、インプラントが脱落します。
河原 雅朗先生からの回答
2
奈良県

河原 雅朗

かわはら歯科クリニック
> なので左上の一番奥の歯が、いずれ出てきてしまうかもしれないと思うのですが、そうさせない方法は、それと噛み合う場所にインプラントを入れるしかないのでしょうか?

いずれ出てくるかどうか、必ず出ると決まっているわけではありません。
出てこない場合もあります。

> 相対する場所に歯がなくても左上の一番奥の歯を維持させる方法はないものでしょうか?

手前の歯とつなぐという方法があります。
(決しておススメはしません。)

>また、私はすこし食いしばりがあるのですが、インプラントをいれるとどんな問題があるでしょうか?

インプラントを入れる入れないにかかわらず、問題があるとは思います。
食いしばりによる問題というのは、骨が弱ければ歯周病が進行して、歯がぐらついてきますし、歯が弱ければすり減ってきたり、歯頸部のくさび状の欠損歯牙破折、ミクロのヒビとその部位の虫歯などが起こる可能性があり、骨や歯が丈夫であれば顎関節問題が出てくることがあります。
必ず一つが起こるというわけではなく、その程度にもよるでしょうし、歯周病であれば細菌の要素も加わってきますし、虫歯や歯の強さには唾液の緩衝能や再石灰化能力なども関係してきますし、もちろん虫歯菌の量、清掃状態なども関係してきます。
一言でこれこれがこうだからこうなる、というように言えないのが生体の反応であり、問題が出てきてからしかそれに対応することはできません。
問題が全くない人なんて存在しませんよね。
問題点は問題点としてありますが、すべて予防的にそれらをクリアすることは非常に難しいと思います。

> インプラントの上の部分が摩耗する程度でしょうか?

摩耗することによっていろいろな部分が守られることは十分考えられます。

> それともネジみたいなものの上にかぶさっている部分が歯茎の中にめり込んでしまうこともあるんでしょうか?

それはありません。

> また、インプラント部分が歯周病になってしまうでしょうか?

いろいろ説はありますが、清掃をしっかりして行けば咬合の力によって歯周病が進行していくということは、相当な力がかからない限り起こらないといわれています。
咬合力によって歯周病が進行するというように言っている方もおられます。どちらも説としてあります。)

御参考になさってください。
最寄の歯科医師の検索はこちらから


公開相談で解決しない場合は医師に相談してみよう

医師に相談してみる(無料)
 

新着歯科医院情報




RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター