歯科医院検索なら「歯のねっと」

第11回講座 ホワイトニング Ⅱ

1.ホワイトニングの実際 
 ホワイトニングには大きく分類して2つの方法があります。いずれもまず歯科医師の診査、診断を受けた後、実施します。その方法には、それぞれ利点、欠点があります。
 1)ホームホワイトニング
  診断を受けた後、自分で自宅で行う方法。
 2)オフィスホワイトニング
  診断の後、歯科医院で行う方法。

2.ホームホワイトニングの実際

DSC_0112  1)歯科医院で診査、診断のあと、印象(歯の型を取る)をし、自分にあったトレー(薬剤を入れる皿)を作ります。
mausu 2  2)そのトレーに薬剤を入れ、自宅で毎日行います。インターネット通販でお湯で温めてトレーを作り、薬剤を入れて行うものが売られています。
katatori  3)簡便でよいのですが、本当に自分にあったものであるのか、また、方法の中で危険性がないのかなどについて判断ができません。ご自分の責任で行うことになります。

3.ホームホワイトニングの利点と欠点
 1)利点
  ①通院の回数が少なく、拘束が少ない。
  ②治療費が比較的安い。
  ③術式が簡単。そのため治療も安全。
  ④時間をかけて白くするから、後戻りが遅い。
  ⑤歯の艶が消えにくい。透明感のある白さが期待できる
 2)欠点
  ①効果が出るまで時間がかかる。
  ②トレーを使っている時間が長い。
  ③きっちりとした咬合診断をした後、適当な使用をしないと顎関節症を起こすこともある。
  ④症例によっては、知覚過敏を生じることもある。


4.オフィスホワイトニングの実際
 

1 診査・診断→歯面清掃→歯肉保護剤塗布
2 歯肉保護ゴム装着
3 薬剤準備→薬剤塗布→放置→光照射→放置→薬剤除去 このステップを3回繰り返します。
4 洗浄→研磨→注意事項説明、こういった治療を数回繰り返すこともあります。

5.オフィスホワイトニングの利点・欠点
 1)利点:
  ①短期間、短時間でホワイトニングの効果が出る。
  ②歯科医師が施術するため、高濃度の薬剤が使用でき、治療回数が少なくてすむ。
  ③1歯だけとか、特定の歯や部分だけを処置することができる。
 2)欠点:
  ①1回の治療時間が長く必要。
  ②治療費が高くつく。
  ③短時間で白くするため、後戻りが早い。
  ④高濃度の薬を使うため、取り扱いに注意する必要がある。
  ⑤知覚過敏が出やすい。
  ⑥透明感が失われやすい。

6.ホワイトコート
 1)最近歯の表面に接着する材料を塗布することで、歯を白くしたり、輝きを与える材料が開発されました。「ホワイトコート」といわれます。
 2)簡単に言えば歯のマニキュアです。
 3)だいたい1~3ヶ月もちます。歯を削らなくてもよく、歯科医院できれいにしてもらえます。
 4)耐久性がないのですが、定期的な歯のお掃除と共にしてもらうのも一つの方法です。


7.おわりに
 いかがでしたか?
 ホワイトニングはとても楽しく、美しくなれる自己啓発の一つです。
 安易に取り組むのではなく、きっちりとした診断の後受けるようにしましょう。
 あなたもぜひきれいなお口にしてください。


 

玉置 敬一

2010年4月26日 月曜日 | 4:01 PM - ホワイトニング

一覧へ戻る

コラムのトップへ

 

新着歯科医院情報




RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター