歯科医院検索なら「歯のねっと」

第12回講座 矯正 Ⅰ

1.矯正歯科の治療目的
 
矯正   
kyousei1 1)歯並びをそろえて、美しくなりたい。
2)歯並びがそろうことで、食物がきれいに流れ、食べかすがたまりにくくなる。
矯正  
kyousei2  3)歯ブラの毛先が細かいところに入る。
そのために、きれいに歯磨きができる。
4)左右の噛み合わせが均等になり、片咬みがなくなる。片咬みによって起こっている身体の不調が解消される。    

2.きれいな歯並び

はじめから、ご自分の歯がきれいに並んでいる人のお口です。
kirei1 1)先天的にきれいな歯並びのひとがいます。          
2)このような人は、矯正の必要はありません。            
kirei2 3)しかし、自分で見るきれいな歯並びと、歯科医師が診るきれいな歯並びは違います。
kirei3 4)定期健診のときに、「専門的に診て、歯並びに問題がないか?」を聞いてみてください。 

 
 


3.矯正治療の必要なお口

 1)上顎前突「じょうがくぜんとつ」(上の歯が前に出ている人)
zentotu1 zentotu2
 2)反対咬合(上の歯が下の歯より後ろにある人)
hanntai
 3)叢生「そうせい」(乱抗歯)
sousei1 sousei2
 4)正中離開「せいちゅうりかい」(正面が開いている)
riki  
  5)開咬(奥で咬みあったときに、前上下の歯が開いている)
kaikou  
 6)過蓋咬合「かがいこうごう」(上の歯が下の歯に必要以上にかぶさっている)
kagai  
 7)交差咬合(奥歯の上の歯が下の歯より中に入っている)
kousa1 kousa2
 上記、1.~7.までの症状に相当する人は、できれば矯正をしておかれると審美的にも、機能的にも健康を保つことができると考えられます。
 矯正が必要なケースは顎の骨の大きさに比べて、歯の大きさが大きいために、スペースが狭いケースが多く見られます。このような場合は、歯を抜いて場所を作ることになります。
  アーチ(歯の並びの大きさ)が狭い人は、できるだけ早くそのアーチを広げると、歯がきっちりはいる場合もあります。
  できるだけ早く、歯科医師に相談してください。


 

 

玉置 敬一

2010年5月10日 月曜日 | 3:49 PM - 矯正

一覧へ戻る

コラムのトップへ

 

新着歯科医院情報




RSSリーダーに登録する
株式会社ウェルネス 医療情報センター
情報提供:株式会社ウェルネス 医療情報センター